Microbubble

マイクロバブルとは

微細な気泡のことをマイクロバブルと呼びます。
直径50μm以下の気泡になると、通常の気泡とは異なった性質が現れます。
マイクロバブルは水質浄化や農水業、健康分野、医療分野への応用に役立てることができます。また、マイクロバブルは水と空気だけから作られるため環境にやさしい材料です。

当ホームページでは、このマイクロバブルを発生させるためのしくみと当社の研究開発について詳しく解説をします。

マイクロバブル発生前と発生後

マイクロバブル発生前と発生後写真

マイクロバブル発生の様子(Flash動画)

研究の背景

当社では下記の背景によりマイクロバブルの研究開発を行っています。

  1. 地球温暖化に伴う降水量増加・水温上昇によって水質の悪化が予想される
    健全な生態系の保持
  2. 建設汚泥のリサイクル、リデュース、リユースは循環型社会の構築にとって重要
    資源の有効利用
  3. 沿岸域、閉鎖性水域における富栄養化対策
    健全な生態系の保持
  4. 微細気泡を利用した社外基盤工学分野における新技術の開発
    砂層地盤の液状化対策、気泡コンクリート、泥水処理

UP

次「微細気泡の利用」へ